髪の毛が抜けてしまう要因について

 

髪のケアをしている時、お風呂の排水溝に付いた髪の毛、朝起きた時に枕に付いている髪の毛。

 

抜け毛がヤバい・・・このままでは薄毛になっちゃうのでは?と感じた事はありませんか?

 

私も不安になったことがあります。

 

日本人の成人では、1日に50〜100本髪の毛が抜けると言われています。

 

意外と多いんですね。ですので多少の抜け毛は、そんなに気にする必要はないかもしれません。

 

100本以上抜けてるかも?と感じる方は、ケアが必要かもしれません。

 

 

では抜け毛が増えてしまう要因にはどのような物があるのでしょうか?

 

ここでは髪の毛が抜けてしまう6つの要因を紹介したいと思います。

 

 

髪の毛が抜けてしまう6つの要因

 

 

髪の毛が抜けてしまう要因は1つだけではなく、いくつかの原因が重なって起こります。

 

加齢による抜け毛

 

誰しも年齢を重ねていくと、細胞の活力が低下したり、血行不良を起こしやすくなり、抜け毛に繋がります。

 

 

遺伝による抜け毛

 

人が持つDNAは人体の設計図の様なものです。細胞の活動プログラムのようなものが記憶されていて、遺伝情報を担ってます。

 

その中で薄毛や抜け毛に関する情報が発現してしまうと、髪の毛の成長が阻害されてしまうんです。

 

 

生活環境による抜け毛

 

バランスの良くない食事・睡眠不足・喫煙などの原因によって、代謝が低下してしまうと、肌の栄養が足りない状態が起こります。

 

栄養不足の頭皮は、頭皮環境が悪化してしまったり、毛根の栄養不足を引き起こしてしまい、髪の毛の成長を遅らせてしまいます。

 

 

頭皮環境による抜け毛

 

角栓などで頭皮の毛穴が詰まっていたり、清潔ではなかったりすると、常在菌のバランスが崩れてしまいます。

 

そうなってしまうと頭皮のターンオーバーが乱れてしまい、バリア機能も低下していき、環境が悪化してしまうことで、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

 

 

ストレスによる抜け毛

 

人間関係など、日常生活で強いストレスを感じてしまうと、自律神経が乱れてしまい、血行が悪くなるなどの症状を引き起こしてしまう事があります。

 

そのような原因から毛根に栄養が行き届かなくなってしまい、ダメージを与えてしまう事もあります。

 

 

AGA(男性型脱毛症)による抜け毛

 

男性ホルモンや遺伝等による影響で、ヘアサイクルが短くなってしまう男性特有の脱毛症です。髪の毛がしっかり成長する前に抜けてしまいます。

 

 

 

以上が6つの要因です。自分の頭皮に当てはまるものはありましたか?

 

これらの要因が重なってしまうと、大量の抜け毛に繋がる事があります。

 

これら6つの要因を早く知ることで、いつもより頭皮環境に気を付けたり、ヘアケアを始めたりすれば、まだ間に合うかもしれません。

 

 

関連サイト

 

頭皮に優しい白髪染め

 

LPLP(ルプルプ)白髪染めの悪い口コミ!染まらない理由とは?