ヘアケア薄毛ケアに有効な成分について

 

気が付いた時には前髪や頭頂部が薄くなっていてショックを受けた!なんていう経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

紫外線をもろに受ける頭部の皮膚は、ダメージを受けてしまいがちです。

 

髪の毛のボリュームは、見た目の若さにも関係してくるので、早いうちに何とかしておきたいですよね。

  • ヘアケアするときに大事な成分は?
  • ケアはどうすればいいの?

といった疑問が沸いて来たりもします。

 

そこで、そんな疑問を解決するため薄毛ケアに大事な成分やケア方法について紹介していきたいと思います。

 

薄毛ケアに大事な成分

 

髪の成長を促す成分
  • ジオウ
  • ボタンピ
  • エンメイソウ
  • スエルチアニン

これらの成分は男性ホルモンを抑えたり、血行を良くしたりする効果があります。

 

 

紫外線やヘアカラーで傷んでしまった髪のケアに大切な成分
  1. ケラチン
  2. ゼイン
  3. ポルフィラン
  4. キトサン
  5. 加水分解コラーゲン

これらの成分は、髪を修復したり、コシを与えたり、保護したり、ヘアケアに有効な髪や頭皮に優しい植物由来の成分です。

 

 

正しいヘアケアの仕方

 

正しいシャンプーの仕方

 

シャンプーの前に出来るだけブラッシングをしておくようにしてください。

 

ブラッシングをしておくことで、髪を洗いやすくしたり、軽く汚れを落としたり出来ます。

 

 

まずシャワーで髪を濡らして、軽く流していきます。

 

次にシャンプーを手のひらに取り、泡を作ります。

 

(ここでシャンプーを直接頭皮に付けて泡立てるのはNGです!)

 

泡を髪に塗り、指の腹で髪と頭皮を優しく洗っていきます。

 

髪をすすぐときは、頭皮にシャンプーが残らない様にしっかりとすすぎます。

 

シャンプーが頭皮に残ると、かゆみの原因になる事があるので、しっかりとすすぐようにしてください。

 

正しいコンディショナーの使い方

 

 

シャンプー後に、すすいだ後の水分を切ってください。

 

コンディショナーは、頭皮までは付けません。

 

少量を手に取り、頭皮に付かない様に塗っていきます。

 

少し時間を置いてからしっかりと流してください。

 

コンディショナーの量は本当に少しでOKです。あまり大量に付けないように気を付けてください。

 

正しいドライヤーの使い方

 

 

ドライヤーを使う前に、しっかりとタオルで髪の水気を取ってください。

 

(ドライヤーの熱は髪を痛めてしまうので、出来るだけ短時間で済むようにします)

 

頭皮をこすらずに、タオルで髪を押さえるようにポンポンと水気をふき取ります。

 

ドライヤーは髪の毛が全部乾くまで使う必要はありません。

 

指を髪の毛に通しながら、頭皮を重点的に乾かします。

 

あまり長く髪にドライヤーを当てると傷んでしまいます。

 

しっかりとタオルドライをしてあれば、毛先まで完全に乾いていなくても、頭皮がしっかり乾いていれば大丈夫です。

 

頭皮の水分は乾かしておかないと、雑菌が繁殖してにおいの原因になってしまう事があるので、頭皮は乾かすようにしましょう。

 

毎日のヘアケアって意外と知らない事があるんですよね。

 

間違ったケアをしてると、髪の毛を痛める原因になってしまいます。

 

髪や頭皮をいたわる正しいケアをして、更に有効成分でしっかりとヘアケアをして、コシのある綺麗な髪を維持して、周りと差を付けちゃいましょう!

 

 

関連サイト

 

LPLP(ルプルプ)白髪染めの悪い口コミ!染まらない理由とは?