LPLP(ルプルプ)の染まり方について

LPLP(ルプルプ)白髪染めは髪や地肌へのダメージが少ないのに、しっかり綺麗に染まると噂のヘアカラートリートメントです。

 

 

LPLPは一般的な白髪染めと違って、殆んどが美容成分で出来ているという優しい白髪染めです。

 

しかし成分が優しい分、カラーバリエーションが少ないというデメリットもあります。

 

髪とか頭皮に優しいLPLPを使って、自宅での白髪染めを試してみたいと思っているけど

  • LPLPって黒髪も染まるの?
  • 全体的に綺麗な茶髪に出来る?

といった疑問も出てきますよね。

 

ここではLPLPを使って黒髪を染めることが出来るのか?全体的に綺麗な茶色に染められるのか?について調べましたので、紹介したいと思います。

 

LPLP(ルプルプ)は黒髪も染まる?

 

 

LPLPを使って黒髪も染まるのかどうか?ネットや公式サイトなどを片っ端から調べた結果

  • 染まらない
  • 少しずつ染まって行く

という2つの意見があったのですが、実際はどっちなのでしょうか?

 

答えは公式サイトにありました。

Q.黒髪を明るく染めることはできますか?
A.髪の色素を脱色する染料を使用しておりませんので、黒髪を明るくすることは出来ません。白髪のみ、色づきがわかります。

 

という事なので「黒髪は染まらない」という事がわかりました。

 

黒髪が多く残っている人の色選び

 

 

LPLPは脱色をせずに髪の表面を染める「ヘアマニキュアタイプ」なので、表面が染まっても、黒髪の濃い色でかき消されてしまうんです。

 

色の濃いものを薄い色にすることは出来ないんです。

 

黒髪が多く残っている人の場合は、色選びを慎重にしなくてはいけません。

 

例えば一番明るい「ブラウン」を選んでしまうと、白髪だった部分だけが薄い茶色に染まり、黒髪はそのままの色で残ります。この場合、余計に目立ってしまいかねません。

 

黒髪が多く残っている方は、色の濃い「モカブラウン」か「ソフトブラック」がおすすめです。

 

 

白髪染めのブラックというと、仕上がりが不自然な場合がありますが、LPLPの「ソフトブラック」は自然な仕上がりになります。

 

全体的に髪色を茶色くしたい場合

 

 

黒髪と白髪が混じっている髪を、全体的に茶色にしたい場合には、まず黒髪の色素を抜く必要があります。

 

LPLPでは色を抜くことが出来ませんので、2剤式の白髪染めで黒髪の色を抜いてから、色付けする必要があります。

 

2剤式の白髪染めの場合は色のバリエーションが豊富で、好みの茶色に染める事が出来るというメリットがあります。

 

 

しかしデメリットもあり、髪や頭皮へのダメージが多いので、長く使い続けることはおすすめ出来ません。

 

 

髪や頭皮が傷んでしまう前に、LPLPの様な優しいものに変えて行くことをお勧めします。

 

 

関連サイト
LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメントの色に関する口コミ

 

LPLP(ルプルプ)白髪染めの悪い口コミ!染まらない理由とは?