カラーリングをすると髪の毛が細くなるって本当?!

私が若かった時に美容院で「カラーリングをすると髪の毛細くなりますよ〜。」と聞きました。

 

その時はまだ若かったこともあり、そんなに気にすることもなかったのですが、30代を過ぎた頃髪の毛がなんか細くなった気がする様に・・・。

 

髪の毛のボリュームが気になりだした時に思い出したのが美容院で聞いたセリフです。

 

若い頃は気にならなかったけど、年齢とともに髪のボリュームが気になりだした方も居るのではないでしょうか。

 

私自身も気になったので、本当にカラーリングをすると髪の毛が細くなるのか?調べてみることにしました。そのまとめですので良かったら参考にしてみてください。

 

カラーリングをすると髪の毛が細くなる事実は?

そもそもカラーリングをすると髪の毛のキューティクルをボロボロにしてしまうほどの強い成分が含まれています。

 

一度髪の毛を脱色してから上に自分の好きな色を重ねる訳ですから、もちろん髪の毛は痛みます。

 

一度髪にカラーをしてしまうと、伸びてくる頃に上だけ黒くなるプリン状態になりますよね?
こうなると、やはり清潔感や見た目が損なわれるのでまたカラーリングをします。

 

この様にカラーリングを繰り返すことで、どんどん髪の毛が傷み細くなっていくみたいなのです。

 

また、他の情報ではカラーリング剤が毛穴に詰まって毛が細くなるとも書いてありましたが、こちらの情報の信ぴょう性はあまりありません。
カラーリングをやめると毛が太くなるとも書いてありますが、確認が取れていないので何とも・・。

 

ぺしゃんこ髪を予防しながらカラーリングをするには

 

ぺしゃんこ髪にはなりたくないけど、おしゃれはしたいって方にはトリートメント成分がしっかり入っているカラーリング剤をお勧めします。

 

ドラックストアや店で手軽に買えるカラーリング剤はお勧めしません。

 

元の髪の毛をしっかりと保護しつつカラーができる商品も数多くありますので、そちらを選ぶようにしましょう。

 

特に白髪染めは、一度染めると中々変える事が出来ないものです。
白髪染めは特に慎重に選ばれることをお勧めします。

 

おしゃれカラーを上手染めるコツ

 

髪の毛に汚れや皮脂などが付着している場合、綺麗に染めることはできません。
ムラになったり、染める時間がかかったりと、髪に負担がかかることもあります。

 

シャンプー・トリートメントにもシリコンと呼ばれるもの成分があり、その成分が髪に付着していると綺麗に染まりません。

 

綺麗に染めるコツとして、ノンシリコンシャンプーなどで整髪料や育毛剤を綺麗に落とし、1度髪をリセットすることが良いです。
そうすることで綺麗に染める事が出来ます。

 

 

まとめ
カラーリングは繰り返すだけ髪にダメージを与えていきます。
髪の毛がダメージで細くならない様に、負担の少ない脱色しないタイプで、トリートメント成分がしっかり入っているカラーリング剤を使うようにしましょう。

 

 

関連ページ
脱色しないタイプのヘアカラートリートメント
LPLP(ルプルプ)白髪染めの悪い口コミ!染まらない理由とは?