LPLP(ルプルプ)の使い方について

LPLP(ルプルプ)白髪染めは頭皮や髪に優しくて、しっかりと染まると話題の大人気ヘアカラートリートメントです。

 

LPLPはとても評判が良く、「良く染まる」「髪と頭皮に優しくて嬉しい」「あのツンとする嫌なにおいが無い」と良い口コミがほとんどです。

 

しかし中には

  • 染まらない
  • 色持ちが悪い

という悪評もあるのが事実です。

 

この「染まらない」と言っている方たちは共通して使い方が間違っているという事がわかりました。

 

そこで!これを知っておかないと染まらないかもしれない2つの使い方を紹介したいと思いますのでどうぞご覧ください。

 

LPLP(ルプルプ)2つの使い方

LPLPには色が「定着するまで」と色が「定着したあと」の2つの使い方があります。

 

これを知っておかないと「染まらない」という事になり兼ねませんので、注意してください。

  • 髪質が太くてかたい。
  • 髪が健康でキューティクルがしっかりしている。

特にこのような方は髪質的に染まりにくい傾向にありますので、「定着するまで」の使い方をしっかりと試してみてください。

髪に色が定着するまで

まず白髪に色が定着するまでの3日間は出来るだけこの使い方をしてみてください。

  1. 使い始めは出来るだけ連続で使う。(目安:3日間連続)
  2. 乾いた髪に使う
  3. 量を多めに使う
  4. 放置時間を長めにする

この使い方をすることで染まりにくい髪質の方でもしっかりと染まる確率が高まります。

 

具体的な使い方

髪に色が定着するまでの具体的な使い方をわかりやすく紹介します。

 

髪にスタイリング剤や育毛剤などが付いていると染まりにくくなりますので注意です。

 

適量を手に取る


濡らした手、または手袋をした手にLPLPをとります。

 

乾いた手で使うと色が落ちにくくなってしまいますので、手を濡らすか手袋を使ってください。

 

荒れている手や爪の周辺も色が付くと落ちにくいので、手袋の着用がおすすめです。

 

髪全体に塗っていく


髪全体を覆うようにLPLPを塗っていきます。

 

量の目安としてセミロングの方でゴルフボール5つ分と公式にありますので、ヘアスタイルによって量を調整してください。例:ショートヘアーでゴルフボール3つ分など。

 

白髪が気になる所は多めに


ゴルフボール5つ分は多い様に感じますが、最初はケチらずにしっかりと塗った方が染まりが良くなります。

 

白髪が気になる所は特に多めに塗ってください。

 

コームでムラなく塗って20〜30分待つ


コームを使って手では届きにくいこめかみや髪の生え際までムラなく塗っていきます。

 

塗り終わったら20〜30分待ちます。

 

シャワーキャップで覆う


シャワーキャップまたはラップでぴったりと包み込むとカラーの定着が良くなって、よりきれいな仕上がりになります。

 

ドライヤーなどで温める


ドライヤーや蒸しタオルで温めるとさらに染まりやすくなります。

 

染まりにくい髪質の方は、シャワーキャップやラップの上から温めてみてください。

 

しっかりとすすぐ


時間が経ったらすすいだお湯に色が出なくなるまで、しっかりとすすぎます。

 

頭皮や髪に洗い残しがあるとかぶれなどの原因になってしまうことがあるので、しっかりと洗い流してください。

 

 

以上が色が定着するまでの使い方になります。ちょっと手順が多いかと思いますが、きれいに染める為ですので3日間だけ頑張りましょう。

 

髪に色が定着した後

3日間頑張って色を定着させた後の使い方は簡単です。

 

シャンプーをして整髪料や育毛剤などを落とす


色が定着した後はシャンプー後にLPLP(ルプルプ)を使えばOKです。使う目安は1週間に1回〜2回です。

 

適量を手に取って


濡れた手、または手袋を付けてLPLPを手に取ります。

 

髪になじませて約10分待つ


髪になじませて約10分待ちます。

 

髪をすすぐ


ぬるま湯ですすぎのお湯に色が出なくなるまですすぎます。

 

色が定着した後はたったこれだけです。シャンプー後のトリートメント感覚で使えます。簡単ですね。

 

この様にLPLPの色が定着する前と、定着する後での使い方はかなり違ってきます。

 

知らずに最初から定着後の使い方をしていたら、染まらないなんていう事になっても不思議ではありません。
正しく使って綺麗に染めてくださいね。

 

部分染めも出来る

一部の白髪だけ染めたいなんていう場合には部分染めも可能です。

 

気になる部分になじませて、10〜30分待ちます。

 

後はしっかりと洗い流すだけ。

 

部分染めをするには色の選択をしっかりしてください。

 

 

カラーバリエーションは4種類から選べます。

 

黒髪の部分を明るい色にすることは出来ませんので注意してください。

 

染料が付かない為の3つのアドバイス

LPLP(ルプルプ)を使ったときに良くある、染料が皮膚や服に付かないためのアドバイスがあります。

 

服に染料が付かない様に

髪を染める時はビニールのケープを使うか、汚れてもいい服を着て染めるようにしてください。服に色が付いてしまうとなかなか落ちなくなってしまいます。

 

頭皮に付いた染料

頭皮についた染料は洗い流せば落ちます。天然染料なので頭皮の色が落ちないという事はありません。しっかりとすすいでください。
生え際などに色が付くのが気になる時はニベアクリームなどの油性クリームを塗っておくとはじいてくれます。

 

染料が落ちにくい場合は

お風呂場や洗面台で使う時にはお湯で濡らしてから使う様にしてください。濡らしておけば流せばすぐに落ちます。
もしも乾いた所に色が付いてしまって、流せなくなった場合はアルカリ性の洗剤で落ちる場合があります。

 

手や皮膚に色がついて流しても石鹸で洗っても落ちない場合は、オイル系のクレンジングを使うと落ちやすくなります。

 

LPLP(ルプルプ)の使用感はこんな感じです。

 

LPLP(ルプルプ)にはガゴメ昆布から抽出した「フコダイン」等の美容成分が贅沢に含まれているので、使うたびに髪にツヤを与えてくれます。

 

上手に使って綺麗で艶のある髪を手に入れましょう。

 

 

 

 

関連サイト

 

LPLP(ルプルプ)白髪染めの悪い口コミ!染まらない理由とは?

 

LPLP(ルプルプ)の販売店!店舗・ネットで値段が千円以上違う?